内祝いの基本

内祝いが持つ意味

お祝いごとって何度あってもいいものですよね。自分の身近で起こるお祝いごとであれば尚更、その気持ちは強まるものです。また嬉しい気持ちだけれど、プレゼントやお金などを用意するのは大変、と嘆く人も多いで…

more detail >>

内祝いが持つ種類

内祝いは良く聞きますが、どのようなシーンで贈るのか分からないという方もいるのではないでしょうか。例えば、初節句として女の子であれば桃の節句、男の子であれば端午の節句の時、七五三の時などにも贈ります…

more detail >>

内祝いを贈るタイミング

内祝いを贈る時期を知っておきたい

結婚が決まったカップルや、赤ちゃんが産まれると、多くの人からご祝儀やお祝いのギフトを頂きます。大切な友人や知人、親戚の人には、感謝の気持ちを伝えるために、内祝いギフトの準備をする必要があります。挙式をしてから2週間から、3週間以内に届くように配慮したいです。出産の内祝いの場合は、お宮参りの前後までに準備をしておくことが大事です。近くに専門店が少ない場合は、インターネット通販の専門店を利用すると、熨斗やお礼状なども付けてもらえます。丁寧にラッピングや梱包をして、発送をしてくれるので幅広い年代にお勧めです。実用的ですぐに使ってもらえる商品が人気です。受け取った金額の半額から、3分の1ぐらいの金額の商品がお勧めです。

出産の内祝いギフトを送りましょう

ご祝儀やお祝いのギフトを頂いたら、内祝いギフトの準備をしなければなりません。出産を予定している人は、妊娠中に内祝いギフトの手配をしておくと、お宮参りの前後に届けることができます。出産の内祝いギフトには、赤ちゃんと同じ重さのお米や、タオルやバスタオルなどの消耗品などが人気があります。インターネットの専門店を利用すると、赤ちゃんの名入れにも対応をしてくれます。相手の好みがよくわからない場合は、カタログギフトなどもお勧めです。カタログギフトは、相手の人が好きな商品を選べるので根強い人気があります。大切な人には感謝の気持ちを伝えるために、高品質で上質な商品を贈ることが大事です。人気のお店では豊富な商品が揃っています。

内祝いの品を選ぶポイント

内祝いでは、贈るもののおおよその金額の相場が決まっています。また、贈って喜ばれるものや、反対にタブーとされて避けられるものがあります。内祝いの品を選ぶ場合は、ポイントをしっかり押さえて選ぶようにしましょう。

内祝いで贈るものの金額の相場

一般的に内祝いとは、結婚や出産などのおめでたいことへのお祝いをいただいた時に、そのお返しとして贈るものであると言われています。「内」という言葉には「自分のところの」という意味合いがあり、自分の家な…

more detail >>

内祝いで贈って喜ばれる品

喜ばれる内祝いを選ぶとなると、これが意外と難しくて頭を悩ませる方も少なくありません。ギフトショップに出かけて予算から適当に選ぶというのも良くある手ですが、ありきたりだと印象に残らず終わってしまいま…

more detail >>

内祝いで贈って喜ばれない品

出産祝いをもらったら、産後一か月から二か月以内に内祝いを贈るのがマナーです。でも、お祝いの品物の半額程度のお返しなら何でもいいというわけではありません。せっかくのお返しの気持ちを無駄にしないために…

more detail >>

内祝いってどんなときにするの?

 <

内祝いは身内で起こったうれしい出来事をお裾分するという意味です。結婚や出産、新築、開業をしたときに行います。