内祝いで贈って喜ばれる品

贈るシーンを考えて選ぼう

喜ばれる内祝いを選ぶとなると、これが意外と難しくて頭を悩ませる方も少なくありません。ギフトショップに出かけて予算から適当に選ぶというのも良くある手ですが、ありきたりだと印象に残らず終わってしまいます。まずはどんなシーンで贈るのかを考えた上で、返す相手のことをリサーチしてから選ぶようにしてみましょう。送る機会は出産や新築といった時期が多いですが、祖父母や親戚に送る分と、友人や知人向けを全て同じにしてしまうというのも受け取った側にとっては余り喜ばれない原因となってしまいます。大まかでもいいので、家族や同僚と、男性や女性、夫婦、というように分類してから品物を選ぶようにすると、失敗も減らせるようになります。

外さないものを選びたい!

送る人のことを考えてみたけれども、いい贈り物が思い浮かばないというのもまた良くあることです。比較的外さないアイテムとしてはお菓子やタオルなどの消費するアイテムがおすすめです。お皿などの形が残るものだと好みが合わなければ困ってしまいますが、日用品類で高級なものを選べば活用するシーンが多いので幾らあっても困りません。また、最近はカタログギフトの質もかなり向上していますので、困った時には料金や内容から選んでみると良いでしょう。カタログの中から相手に選んでもらえるので、好きなものが自分でチョイスできるのが良いところです。時間の許す限りじっくりと吟味して選んで、喜ばれる内祝いを贈れるように工夫してみて下さい。