内祝いで贈るものの金額の相場

内祝いに込められた意味とは?

一般的に内祝いとは、結婚や出産などのおめでたいことへのお祝いをいただいた時に、そのお返しとして贈るものであると言われています。「内」という言葉には「自分のところの」という意味合いがあり、自分の家などでおめでたいことがあった時に、喜ばしい気持ちを品物に変えて近所におすそ分けをしたことが始まりであるという説もあります。本来はお祝いをいただく前に、先に内祝いを贈るのが一般的であったようです。しかし昨今では、お祝いをいただいていない方に対して、こちらから内祝いを贈るというケースは少なくなっています。また内祝いには、さまざまな種類があります。先に触れた結婚や出産の内祝いの他にも、新築内祝いや開店・開業内祝い、快気内祝いなどがあります。

選ぶ品物、金額の相場は?

内祝いとして贈る品物には、食品や日用品といった、誰でも気軽に使用することができるものがおすすめです。人によって好き嫌いがわかれるようなものを選ぶのは避けましょう。どのような名目で送る内祝いなのかによっても、選ぶ品物は変わってきます。以前は、別れを連想させるハンカチや、仏事などで使用される緑茶などは贈らない方がよいと考えられていました。このように選ばないほうがよいとされている品物は多岐にわたりますので、受け取った相手のことを考えながら適した品物を選ぶことが大事です。内祝いの相場は、一般的にいただいた金額の3分の1から半額程度とされています。仮に親族などから、相場でお返しするのが難しい高額なお祝いをいただいた場合は、相場以下の金額でお返しをし、直接お礼に伺ったり、手紙を送るなどして感謝を伝えるようにしましょう。