内祝いで贈って喜ばれない品

出産の内祝いで相手に渡さない方がいいものとは

出産祝いをもらったら、産後一か月から二か月以内に内祝いを贈るのがマナーです。でも、お祝いの品物の半額程度のお返しなら何でもいいというわけではありません。せっかくのお返しの気持ちを無駄にしないためにも、マナーを守りながら相手に喜ばれるものを贈りましょう。タブーとされている品物はいくつかあります。まず、自分と相手の縁を切るという意味を連想させる刃物です。ブランド物の包丁などは、本来ならいくらあっても困らないものですが、内祝いの時は避けましょう。日本茶も法事用のギフトとしてよく用いられるので、出産内祝いには向いていません。相手の好きなものを自由に選んでもらえるカタログギフトか、日用品などが無難です。

結婚の内祝いはどう考えるべき?

個性や自分らしさを重視した結婚式を行うカップルも増えていますが、結婚祝いのお返しとしての内祝いを渡すときには、なるべく個性的な品物は避けた方がいいでしょう。雑貨などを内祝いにする場合は、相手の家の雰囲気や他のインテリアなどと合わせやすいように、癖が少なくてシンプルなデザインの方が喜ばれます。相手の住宅事情を考慮して、室内でスペースを多く占領してしまうような、サイズの大きなものも避けた方がいいです。

新郎新婦の顔写真や名前を入れたグッズなども、好き嫌いが分かれるタイプの内祝いなので気を付けましょう。どうしても名入れギフトや自分たちの画像を内祝いに使用したいなら、食べられるケーキなどにする方法もあります。